梅雨の晴れ間の猛暑の中、黄檗にあるタブラ奏者の中尾さんのお宅で行った記念すべき第1回。文明アナリストの新井信介氏による3時間にもおよぶお話は17名の参加者を魅了しました。
既存の歴史観には縛られない、膨大な知識と縦横無尽の想像力で紡がれた新井ワールド。あまりに熱が入りすぎて予定していた許波多神社、白山神社、萬福寺の話までには至りませんでしたが、続きは次回ということで。
インターミッションでの中尾さんのタブラ演奏もすばらしかった!

城南新報-713_pdf